【ひとり親】後悔NG!シングルでもメリットはたくさんある。心が折れそうな時に読んでほしい

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket






にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

こんにちは。ときなのみです。私は未婚で出産しています。色々な意見はあれど、私なりにポジティブシンキング!で頑張っています。

未婚であろうと、離婚であろうとシングルマザー・シングルファザーとしての苦労は似たような部分があると思います。離婚に迷っている方、離婚が決まった方、これから未婚で出産する方、既にひとり親で頑張っている方・・・つらい時に、読んでみてください。


自分の気持ちを認めて

他人を「羨ましい」と思ってしまったら、それを認めましょう。それだけで楽になるんですよ。強がっていると、なんかどこかで満たされない、悲しい気持ちがずっとあるんです。

だって、私も理想を言えばですが、大好きな人と結婚して出産して、協力して育児をして、家族楽しく暮らしてみたかったですよ。だから、それを叶えている人を見たら羨ましくて当然です。

モヤモヤしてしまったら、素直になって「○○さんはいいな~羨ましい!」と認めてみましょう。


現状を受け入れる

私は、「羨ましい」を素直に認められなかったがゆえに、僻みとか妬みがありました。そしてそれすらも認めたくないのです。幸せそうな友人を見れば、「でもあの旦那さんもこういうとこあるし」「子どもの成績は良くないみたいだし」とあらを探してしまう。

心が貧しくなってしまうんです。

心のどこかで、自分自身を「可哀想」だとか、「ツイてないな」と思ってしまっていたんです。

でも、それも事実だったんです。だって、妊娠したのに入籍できなかったんですよ。だからこそ、それを受け入れてみると、少し気持ちが変わりました。


素直になると明るくなれる

私の状況で言うと、「妊娠しても入籍ができず、未婚で出産することになった。周りは旦那さんが育児に協力してくれて羨ましい!子どもにもお父さんがいるっていいなぁ。」と、「憧れ」の気持ちで見るようにしたんです。悔しくても、そう考えることで、自分を大事にできるようになった気がします。

そうすると、子どもにも優しく接することができたり、子どもからお父さん(お母さん)を奪ってしまったという罪悪感に立ち向かっていくことができます。片親でも幸せな子どもはたくさんいますし、不幸の中にも必ず小さな幸せがあります。私はそう信じています。


いい意味で開き直る

結局は、自分が選んだ道だから仕方ないな(笑)と開き直っている私です。結果としては最悪な男でしたが、一度はいいと思って好きになったのも事実。妊娠をしないように徹底したわけでもないのも事実。だったら、いいじゃないですか。

後悔をしないでください。

目の前にいるお子さんは、あなたが責任を持って育てなければいけません。確かに、あなたの決断で片親にしてしまい、両親がそろっている場合よりも経済的に苦しく、我慢を強いられているかもしれません。

だけど、そんなあなたを選んで産まれてきたんです。

大きくなって喧嘩をしたときには「産んでなんて頼んでないけど?」なんて言われてしまえば落ち込んでしまいますが・・・子どもは授かりもの。神様は、お母さん(お父さん)と子どもを、このペアとして結び付けたんですよ

妊娠を望んでも、なかなか授からない人もいます。子どもがいるだけで幸せではありませんか。子どもは嫌い?育児がつらい?一度も子どもの顔や仕草を見て、笑顔になったことはありませんか?きっと一度くらいはあるでしょう。

じゃあ、幸せなんです。

自分で選んだ道ですからこれも人生。子どもにも人生があり、これが子どもの人生。だったらそれを受け入れて、これからどう幸せになろうか考える方が建設的だと思いませんか?


シングルでもメリットはある

僻みを抜きにしたメリットって、結構ありますよ。

・義両親に気を遣う必要がない
・家庭で世話をすべき人が減る
・自分の趣味に口を出す人がいない
・自分の育児方針を貫ける
・夫婦喧嘩を子どもに見られることがない
・将来、介護の必要がない
・夫/妻との関係性に悩むことがない

 

私が今思うメリットはこの辺です。まぁ、夫婦ラブラブだったらお世話をすることは苦ではないのかもしれませんが、子どもがいると優先順位が変わってしまうこともありますから、やっぱりタスクが増えることは負担ではあります。

また、育児方針の違い。夫婦は育った環境が違うので、「うちの親父はこうだった」「私のお母さんはこんなことしなかった!」とぶつかりがちなところです。私も入籍しなかった子父とは本当に子育ての意見が合わずだったので、今は自分が決められることがメリット。

あとは「浮気してるんじゃないか」とか、「最近○○がないな」とか、子どもに無関係の悩みがないことは大きなメリットだと感じています。

子どもって、すぐに悩んでいたりすることを察してきます。不安そうな顔で「どうしたの?」って聞かれるのは私は苦手。子どもに余計な心配をかけたくない派なので、自分の色恋(ではないかもしれないけど)に悩んで子どもへの対応がおろそかになるのはもったいないです。


まとめ

とはいえ、デメリットも多くあるのも事実です。事柄にはなんだってメリットとデメリットがつきまといますから、少しでもメリットがあるならばそこに注目すればいいんですよ!

自分と愛する我が子の人生を、幸せなものにしていきましょう!

にほんブログ村 子育てブログへ

育児ランキング

未婚シングルマザーランキング