セルフメッシュ・ハイライトに挑戦する前に!素人の私が失敗した点まとめ

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket






にほんブログ村 美容ブログへ
こんにちは。ときなのみです。

乳幼児2人を抱えた私は時間とお金を節約したい一心で、この度セルフでハイライトを入れてみました。

美容師さん的な知識は一切ない超ド素人なので、簡単だと思っていたらかなり苦戦しました。

失敗点を振り返りながらやり方を書いていきますのでこれから自分でメッシュやハイライト、ローライト、ポイントカラーに挑戦する方はぜひ読んでみてください♪

メッシュキャップを使おう

美容院でハイライトを入れた時の美容師さんのやり方を見よう見まねでやってみましたが、バックが見えない・他の毛に付着しがち・アルミホイル大量消費・液だれという大惨事に見舞われたことがあります。

そこで、今回はシリコンキャップを購入。

こんなやつです。


やり方も記載されています。これを見て、超楽そうじゃんwwwと思った私・・・。

まずは穴をあける

私は楽天で購入しました。

無数の穴がかたどられたシリコン製のヘアキャップで、髪の毛を引き出すかぎ針が付属しています。

事前作業としてキャップに穴をあける必要があります。

私はアイスピックで開けていきました。

失敗ポイント・アイスピック自体が細すぎて、穴が狭くなった

染めたい毛束を多くする予定の方は、もっと太いもので開けた方がいいかも。

全体をイメージしながらどこに穴を開けようか試行錯誤した結果、すべての穴を開通させました。

※穴をあけても、シリコン部分がくりぬかれるわけではない(亀裂が入ったような状態)ので他の穴から染めたくない部分にカラー剤が付着することは少なそうに感じます。

全ての穴を開けるまでに要した時間はおよそ20分。地味に疲れましたw

髪の毛を穴から出す

かぎ針を使って髪の毛を取っていきます。

必ず事前に髪をとかしたりヘアアイロンで整えておいた方が良いです!

失敗ポイント・シリコンキャップの中で髪の位置がズレていたのか、穴から出た毛束はあちこちから集めてきただけの毛束だった
・くせ毛なのにアイロンをしていなかったため、かぎ針でひっぱる時に絡まり地味に痛い
・内側(首や顔に近い方)の髪の毛が出しにくい・出せない

毛束は本当にしっかりと定めましょう。

私は毛束の選定をミスった結果、ハイライトなのにピンポイントで色が変わってくれずメッシュ感皆無になってしまいました(全体に散ってしまい、ほっそーいメッシュが入ったイメージに)。

カラー剤を塗布

私は市販のブリーチ剤を使用しました。

これ。安いですが、泡ではなく液体なのでテクスチャーがゆるく、液だれしやすいです。また、セミロングより長いと薬剤が付いた髪がシリコンキャップからはみ出て他の毛に付いてしまうので、塗ったら即キャップの上に巻き付けるようにしました。

穴は全て開けていますが、前述のとおり穴がくりぬかれているわけではなくシリコンに亀裂が入ったような状態なので、他の穴から染めたくない部分にカラー剤が入り込むことはありませんでした(私の場合)。

失敗ポイント・多めに塗布しないと乾いてパラっと毛束が落ちてくる
・内側はやはりどうやるのか不明
・シリコンキャップが蒸れて頭皮がかゆい

シャンプーで流す

希望の色になるまで時間を置いたら、あとはシャンプーやトリートメントで整えて終了です。

乾かしてみると、やっぱりブリーチした部分は束になっておらず散ってしまっていました。全体がトーンアップしただけ( ;∀;)

想像以上に出来が悪かったので写真は載せません笑

まとめ

結局今回は希望のスタイルにならなかったので失敗に終わってしまいましたが、意外と盲点だったな~と思うことが多かったので、セルフメッシュの基本は

・完成イメージと同じヘアスタイルにしておく(ストレート・巻き髪)
・きちんと髪をとかしておく
・イメージよりも少し多めに毛束を取る
・液だれしにくい薬剤を使用する

ということかな。

自宅で気軽にできるということもあってズボラな私はあまりに下準備をせず始めてしまったようです笑

あとお子さんがいる方は薬剤に触れてしまわないように注意をしてくださいね!

これから挑戦する方の参考になりましたら幸いです★

ブログランキング・にほんブログ村へ