リスク承知でセルフまつエクをした理由&仕上がりを公開(不器用)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket







にほんブログ村 美容ブログへ

こんにちは。ときなのみ(@tokinanomi)です。
セルフでマツエクをしてみたメリット&デメリットをリアルに書いていきたいと思います!

セルフまつエクにたどり着いた経緯

大前提ですが、マツエクは時間と費用を確保できるならサロンでプロにやってもらうのがベストです。本来、有資格者が施術すべきなので、自分自身の目に無資格者がエクステをするのはリスクを伴うからです。

それを知っていても、私がまつ毛エクステをセルフでやってみたのは、

こんな理由だよ

・育児と仕事でサロンに行く時間がない
・アイリストさんが合わず、目の痛みがあった
・予約した日に子どもが突然の発熱・・・😢
・少しでも美容代を節約したい

 

サロンでの施術は2時間ほどかかります。移動時間がさらにプラスされるので、育児と仕事に追われているシングルマザーの私には厳しいものでした。

また、施術には相性があります。

私には好みのアイリストさんがいて、ずっと指名をしていたのですが、ちょうど当日になってアイリストさんの急用で変更になったことがありました。私もその日はようやく予約が取れたということもあり(仕事を休み、子どもを預け・・・)、日時変更できずアイリストさんを変更してそのまま施術を受けました。

変更になったアイリストさんとは残念ながら合わず、エクステと下の自まつ毛が絡まってしまい、目をつぶると根本が刺さるような痛みに耐えられずに結局2日後にオフするためにまたサロンへ

さらに次は私が急用(子どもの発熱)でキャンセルする事態も・・・。これはサロンにも迷惑がかかってしまいますので心が痛かったです。

と、こんなことが続いたためにセルフに挑戦しようと考えたわけです。

 

セルフまつエクの危険性とデメリット

前述のとおり、セルフで素人がエクステを付けるのはリスクが伴います。

サロンでの施術と違い、自分でまつ毛を見ながら付けるので、目を開けたままになりますよね。よって目にグルー(接着剤)が目の中に入ってしまったり、揮発して刺激になったりします。

アイリストさんはピンセットでまつ毛をかき分け、もう片方の手でエクステを付けますが、セルフだとまぶたを引っ張る必要があるので手が足りず(?)まつ毛が絡まってしまったり適正な位置に付けられないこともあります。

危険性まとめ

・白目が充血する
・涙が止まらなくなる
・目をつぶったときに痛みが生じる
・下の自まつ毛と絡まり、目を開けづらくなる
・ピンセットで目を突いてしまう
・自まつ毛を傷め、抜けやすくなる

痛みが続いてしまったり自まつ毛への負担が大きすぎると、せっかくのおしゃれが台無しになってしまいますよね😢

また、グルーの量が適切でなくダマになって見えたり、取れやすかったりするデメリットもあります。

 

初めてのセルフではキットが安心

リスクは充分に承知の上ですが、やはり育児中でもマツエクしたい!と思った私はセルフデビューの時に一式揃ったキットを購入しました。

↓キットではこんな感じで一通り揃っているので、いざやってみてから「あれがない!!」と慌てることもありません✨

正直ピンセットは1種類で良かったのと、まぶたを引き上げるテープなどは家にあったので必要なかったですが。笑

キットを購入しないにしても最低限リムーバーとグルー、エクステとピンセットは必要ですね。

私は初回にキットを購入しましたが、それ以降は最低限のものを追加するだけです。まぶたを引き上げるテープも、目が乾いてきてしまうので私は使っていません。グルーを出しておくストーンなども使わず適当にその辺にあったメモ紙なんかに出しています(ズボラ・・・)。

必須アイテム

・リムーバー(オフするため・失敗したときのため)
・グルー
・エクステ本体
・ピンセット
・ふき取り化粧水(まぶたや自まつ毛の皮脂を除去するため)

 

エクステはお好みで選ぼう

セルフのエクステでは、手早くボリュームアップできる束になったものがあります。1本1本のエクステに比べて取れやすいデメリットはありますが、かなりの時短になるので今回は3本束のエクステを使用しました。

エクステの根元にグルーをつけて、自まつ毛の根本から2mm程度のところに置くようにするとすぐにくっついてくれます✨

参考までに、サロンで施術したときのエクステ付きまつ毛が抜けた時の写真を見ながら。笑

(↑※やはり指名しているプロは文句なしの仕上がり。少しでも近い仕上がりにしたい一心。笑)

この根元から2mm程度のところというのが本当に重要で、これよりも根元に近いとまばたきのたびに痛みを感じます。

逆に根元から遠くなると毛先が重くなり、下まつ毛と絡まります。

また、グルーがしっかりと自まつ毛に沿うようについていないと、エクステの根元が浮く原因となりこれまたまばたきのたびに違和感を感じるので注意。

3本束の場合は、5本程度つけただけでここまでボリュームが出ます💕エクステの毛が細いので、量の割にはナチュラルですが、私は自まつ毛がスッカスカなので充分ご満悦!

まぶたを引き上げてみてみると、素人感が否めませんが。笑

(自まつ毛とエクステの長さ比較のため、目尻と目頭にはつけていません)

まぁ、普通に目を開けている分には細かいところは見えませんし、痛みなどのトラブルがなければひとまずOK!!

私はナチュラルな毛束を選択しましたが、もちろんエクステが太いものも用意されていますし、ミンクやセーブル、長さ、カール度合いも様々。中には10本束のエクステもあって仕上がりが気になるところです。

鏡を見ながらできるので、もう少し目尻足したいな~とか痒い所に手が届くのはセルフまつエクのメリットと言えますね。

ちなみに、サロンで目をつぶっていても施術後涙ダラダラの私ですが、この↓グルーは目を開けっぱなしでもしみませんでした!

 

セルフマツエクまとめ

最終的には自己責任!ということになりますが、リスクを承知の上で自分自身への施術をするならば私はアリかなと思います。

セルフがオススメな人

・時間を確保するのがむずかしい
・自分好みのデザインにしたい
・美容代を節約したい
・サロンは敷居が高いけどマツエクしたい
・取れかけのマツエクをオフするのはもったいない
(付け足したい)
・なかなか相性の合うアイリストに出会えない
・リスクについては重々承知!

こんな人に向いているかなと思います。

くれぐれも、自まつ毛ハゲにはならぬようマツエクを楽しんでいきましょうね💕

 

参考になりましたら幸いです☺

最後までお読みいただきありがとうございました。



にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
育児ランキング
美容・ビューティー(全般)ランキング